キャッシング返済でリボルビング払いが多いのはなぜか

> > キャッシング返済でリボルビング払いが多いのはなぜか

キャッシング返済でリボルビング払いが多いのはなぜか

キャッシングなどの返済方法として、もはやスタンダードともいえるリボルビング払い。
数あるキャッシングサービスの中で、リボルビング払いに対応していないサービスを探す方が
困難であろうともいえるほど、多くのサービスにおける返済方法として
親しまれている返済方法です。

利用者の年収や職業、貸付状況などによって、
契約時に設定される限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れることができる
キャッシングサービスですが、もしも借入れを重ねるごとに月々の返済額が、
どんどん大きく増えてしまう返済方法だったら、
つまりリボルビング払いでなかったならどうでしょうか。

利用者の立場からみると、どんどん返済負担が大きくなってゆき、
さらなる借入れをするのを躊躇してしまうであろうことが予想できます。
返済能力に見合った借入額を維持する、借りすぎないという点では、
利用者にとって良いことであるともいえますが、限度額までならくりかえし気軽に
借りられるところがキャッシングのメリット。
このメリットが無くなってしまいます。

融資する側の業者の立場からみると、せっかく契約を結んで融資を行っても、
初回の貸し付け以降、リピートして借りてくれる確率が低下します。
金融業での融資商品は、お金を貸すことでこそ利益が得られるわけですから、
あまり借りれくれないのでは、利益を得られない商品になってしまいます。

顧客を囲い込むには格好の返済方法??

リボ払いは、現金の借入れが可能なキャッシングのほかに、
クレジットカードのショッピング枠においても、ショッピングリボなどの
名称でも利用されています。

ここからはちょっと個人的な意見ですが、リボルビングという返済方法は、
クレジットカード会社やキャッシング業者などが、顧客を囲い込むには非常に
都合の良い返済方法であるという側面もあるのではないかと思うわけです。

毎月の返済金額が一定に保てるというメリットを利用者に与える代わりに、
借入残高が増えても気がつきにくいので、どんどん貸し付けを行うことができるわけです。
返済期間はどんどん長くなり、利息分が増えてゆきます。
これは利用者の総支払額が増えると同時に、
貸し付け業者の利益も増えてゆくということになります。

リボルビング返済を利用し返してゆくのならば、
いつのまにか限度額の上限まで達してしまった。などということがないように、
常に今現在の借入残高がいくらあるのかを把握し、計画的な利用を心がけることが、
より賢い利用方法であるといえますね。

リボルビングと呼ばれるのはなぜ

リボルビングという返済方法は、
クレジットカードの本場であるアメリカが発祥であるといわれています。
日本と比べて、クレジットカードの利用率が高く、
ショッピングなどでもクレジットカードによる支払いが一般的です。
カードによる【支払い】が【返済実績】へとつながり、
個人の信用度を量るための基準として広く利用されているようです。

そしてリボルビングという言葉の由来を紐解いてみると、
Revolver【回転式拳銃】からきているといわれているようです。
弾丸を詰めておけば、いつでも連続して撃つことが可能であるという点では、
イメージ的にぴったりです。

注意しなければならないのは、あと何発のこっているか?を把握した上で使わないと、
イザという時に弾切れで撃てなくなってしまいますから、気をつけなければですね。