フリーローン 低金利

低金利のフリーローンとキャッシング

銀行でもキャッシングの取り扱いがありますが、
名称はカードローンやフリーローンとなっていることが多いです。
最近は銀行のカードローンが消費者金融のキャッシングと同じくらいの
数になってきていることがわかります。

銀行のフリーローンは一般的な消費者金融のキャッシングと比較すると、
低金利で借り入れができるところが大きなメリットとなっています。

また、フリーローンも目的を問わず、無担保で借り入れができる
小口融資という点ではキャッシングと共通していますが、
銀行からの借り入れの場合、消費者金融等に課せられている
総量規制の対象外となっていますので、利用限度額が比較的自由に設定できます。

銀行は総量規制の対象外

総量規制というのは、利用者の年収の3分の一までの借り入れしかできない
という制限のことですが、銀行でのフリーローンの場合、
審査に通れば年収に関係なく、高額の融資を受けることも可能です。

このようにメリットの多い銀行の借り入れですが、
低金利で借り入れをすることができる反面、
審査は消費者金融等と比べると厳しくなっています。

但し総量規制の改定などが行われるのはwikipediaの消費者金融(社会問題化)を見ると
わかる通りいわゆるサラ金の問題などがあったりしたためです。根本的に借り入れが総量規制対象外だからいくらでも借りるという考えはやめましょう。

金利の安さが魅力

また、保証会社がつくところが多いため、銀行だけでなく
保証会社の審査も受けなければなりません。
それから、通常は銀行の営業区域内に勤務または居住している人だけが
利用できるようになってますので、近くの銀行からしか
借り入れができないようになっています。

とはいえ、金利の安さは長期的に借り入れをする上でも
非常に魅力的ですので、これまで金融事故を起こしていない人、
ある程度収入が安定している人は申込んでみる価値があるでしょう。